• ホーム
  • インスタグラムでアカウント削除されないように

インスタグラムでアカウント削除されないように

インスタグラムは、いまや若い世代をメインとして爆発的な広がりを見せています。
インスタグラムのユーザー数は、全世界では8億人を突破しているとも言われています。
日本でも2,000万を超えるユーザーがアカウントを取得して積極的に活用しているのが事実です。
パーソナルな使い方だけではなく、ビジネスでも業績拡大のためのツールとして活用されているほどです。
日本では2015年10月よりインスタグラム広告がスタートいたしました。
アカウントを持っているすべてのユーザーが広告出稿可能となったわけで、これは実に画期的なことと言わなければなりません。

そんな大切なインスタグラムですから、間違っても自分のアカウントを削除されないように細心の注意を払って対策をしなければなりません。
たとえば、インスタグラムで動画を消される事態がよくあります。
ほとんどは著作権侵害の恐れがある動画を投稿した場合に起こり得ることです。
コンテンツとして著作権を侵害する動画を採用すれば、それが削除対象となるばかりか、アカウント削除のペナルティを課されることもあります。
そんな事例は決して少ないわけではありません。
とりわけ、動画に音楽をつけたときには第三者から通報されることは頻繁にあります。

写真に音楽を入れる場合も、全く同じ理由で不適切とみなされ、ペナルティがかかってくることがあります。
昨今、インスタグラムでは、写真に音楽を流すのが一種の流行となっています。
動画と同じで、著作権を有する音楽を写真に入れた場合、削除対象となる可能性が極めて高いです。

ほかにも、著作権に違反していない理由でもって削除されることがありますので注意をしなければなりません。
インスタグラムの利用規約違反やガイドラインに反するコンテンツであれば、削除されても抗弁はできません。
あるいは、営業的な目的でスパムメールを送ることも規約違反に当たりますので、アカウント停止は避けられないでしょう。
もし動画や写真が削除された場合は、速やかに利用規約とガイドラインを確認するべきです。
こちらには非常に重要なことが記されています。
知らないでうっかりと規約違反になっていたということもあるかもしれませんが、自分のアカウントが削除されないためにも、一度は内容をしっかりと読んでおく必要があります。
当然のことですが、アカウントがなければ情報発信することはもちろん、反応を受け取ることもできません。

人気記事一覧