• ホーム
  • インスタグラムでスクショするとどうなる?

インスタグラムでスクショするとどうなる?

インスタグラムのアプリ

インスタグラムの写真や動画をスクショ撮影して保存したことがある人は多いと思いますが、誰がスクリーンショットを撮影したのかということは、通知によって相手にバレる可能性があります。
ただし、インスタグラム上の投稿をスクショ撮影したからといって、それがすべてバレてしまうわけではありません。

スクショ撮影によって相手に通知が届いてしまう投稿の種類は、ダイレクトメッセージの消える写真や動画に限定されています。
インスタグラムには、自動で消える写真や動画をダイレクトで送ることができる機能があり、この機能によって送られた写真や動画をスクショ撮影し、保存すると相手に通知がされる仕組みになっています。
それ以外の「タイムライン(フィード)で再生できる写真と動画」「消えないダイレクトメッセージ」「公開後24時間で消えるストーリー」といった種類の投稿はスクショ撮影をしても通知がされることはありません。

フィードでスクショ撮影をすると「この投稿は友達とシェアできます」という通知が画面上部に表示されますが、これはスクショ撮影をしたことが相手に通知されるということではありません。
「シェアする」を選択すると、フェイスブックやツイッターなどのSNSで投稿を拡散することができます。

通知メッセージは、相手がどの画面を開いているかによって異なります。
相手がインスタグラムを開いている場合、画面上部に「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」という通知が出てきます。
相手がインスタグラムを開いていない場合は、プッシュ通知によって「(ユーザー名)さんがあなたが送信した写真のスクリーンショットを撮影しました」という通知が送られます。

このようなインスタグラムの機能によって、相手は自分の投稿がスクショ撮影をされたことを知ることができます。
相手にバレないと思ってこっそりとスクショ撮影をしていたつもりが、あとでバレてしまいトラブルになってしまうことが無いよう、自動で消える写真や動画のダイレクトメッセージをスクショ撮影する際は、相手に通知がいくことを事前に理解しておく必要があります。

また送られてきた消える写真や動画のダイレクトメッセージ閲覧した場合には、相手の画面に「開封済み」という表示がされ、それを閲覧したことが相手に分かってしまいます。
相手に閲覧したことを知られたくない場合は、相手からのダイレクトメッセージを開封しないようにする必要があります。